ホーム > この宇宙は夢なんだ

この宇宙は夢なんだ  新刊

解き明かされる生存の秘密

この宇宙は夢なんだ

原題 "The Universe Is A Dream" 日本語版

著者 アレクサンダー マルシャーン
加藤三代子
ジャンル 書籍
書籍 > 精神世界
シリーズ 奇跡講座
出版年月日 2017/02/10
ISBN 9784813607717
判型・ページ数 その他・規格外・200ページ
定価 本体2,000円+税
在庫 在庫あり
 

目次

0章 終わりの始まり 
1章 夢見の科学
2章 夢見る放蕩息子
3章 起こりえないことが起こったわけ
4章 自我の悪夢
5章 目覚めつつ見る幸せな夢
6章 トータル・イモータル
7章 真の祈りの極意
8章 実相世界からの啓示

このページのトップへ

内容説明

『この宇宙は夢なんだ』見本ページへ

 

君は、宇宙の起源について、考えてみたことある?

ただの「神による天地創造」説や「ビッグバン」説などを超えて、宇宙の起源を探ってみようとしたことがある?
もしあるなら、「この宇宙は夢にすぎない」と考えてみたことはないかな?

つまり、この宇宙の起源は、君が「宇宙を夢見ることにした」っていうことだとしたら・・・って?

ちょっと見た限りでは、君がこの宇宙を夢見ることにしたなんていう考えは、ありえないことに思えるよね。でも、もしその考えを真面目に受けとめて、その論理的な帰結にまでたどっていったら、どうなると思う? 何を発見することになると思う?

その問いに答えるのが、この本なんだ。

コミックという媒体を使って、著者兼絵描きの僕アレックスが、君を愉快な旅に連れ出す。この旅は、アートやユーモアや、ちょっと不真面目なところもあるけど中身の濃い情報が、たくさん詰まった探究の旅だ。そして、『奇跡講座』という現代の聖典が教える高度な一元論的形而上理論を紹介する。

読後は、宇宙と生存の本質についての一貫した概観をつかむことができるだけでなく、もし君がこの夢から目覚める用意ができているなら、何をすべきかについての知識として、欠くことのできない実用的な情報も手に入れることができるだろう。  (表紙より引用)

 


 

漫画とはいえ『奇跡講座』の一元論的理論をしっかりと踏まえている本書は、『奇跡講座』の良き導入の書の一つとなるだけでなく、すでに長年学んできた方々にも、楽しんでいただける内容となっています。特に、面白い絵と説明が組み合わさったコミックの形は、難しい概念をわかりやすくしますので、初心者の方々にとっては『奇跡講座』が親しみやすくなり、すでに内容を理解している方々にとっては、復習に役立つはずです。特定の概念を覚えておくのを助ける補助教材のような機能を果たす絵なども、含まれています。

 

『奇跡講座』は、難しいコースであるという事実は否めませんし、その点を軽く見るべきではありませんが、一方ではこの世界の中で深刻に見える苦しみや悲しみや悲惨さを、深刻に受け止めずにすむようになる考え方を教えてくれるコースでもあります。そういう意味では、このコースの習得には、笑う事を学ぶという側面も含まれていると言えます。

このページのトップへ